ニュース

報道関係各位

2015年3月2日
キラメックス株式会社

TechAcademy現役エンジニアのサポートを受けながら学べるオンライン学習サービスを開始

キラメックス株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:村田 雅行)は、プログラミング教育に特化したスクール「TechAcademy(テックアカデミー)」において、2015年3月2日より、現役エンジニアのサポートを受けながら学べるオンライン学習サービスの提供を開始しました。

サービス開始時点では、PHP、MySQL、JavaScriptなどが学べる「PHPエンジニアコース」を提供。
利用料は月額3万円(税別)で、1週間のフリートライアル期間を用意しています。

受講者は、TechAcademyが独自に開発したオンライン学習システムを使って自分で勉強を進めながら、現役エンジニアのインストラクターからサポートを受けることができます。このスタイルをとることで、オンライン学習における課題と言われる離脱者を最小限にすることができます。

また、オンライン学習とインストラクターのサポートを組み合わせることで、他のスクールの場合、
数十万円かかる費用を月額3万円におさえることが可能になりました。

なお、今回のサービスは昨年から一部の企業向けに研修で導入を開始しており、学習時間が通常のプログラミング研修と比較して約半分になった事例もあります。

■インストラクターのサポート内容
・リアルタイムチャットによる質問:学習を進める中でわからないところをすぐに質問できます
・コードレビュー:受講者が提出する課題のコードをレビューします
・会場での質問:東京・恵比寿にある会場で直接質問することができます

■オンライン学習システムの機能
・動画レッスン:動画見てプログラミングを学びます
・クイズレッスン:習得状況をクイズを使ってチェックします
・コードレッスン:コードを書いてインストラクターのチェックを受けます

<新サービス提供の背景>
TechAcademyは、2012年11月より運営を開始し、非エンジニアのプログラミング講座などプログラミングに特化した講座を開催してきました。累計受講者数は4,000名を越えています。その中で、さらにレベルの高い学習を期待する声が多くなってきたため、プログラミング経験のない初心者でもエンジニアとして働けるレベルまで成長できるサービスを提供することになりました。

また、IT業界全体の課題として「エンジニア不足」があります。Web関連サービスの急成長を受けて、企業ではエンジニアの採用に力を入れています。しかし、IT人材白書2014によると、Webビジネス企業のうち85.4%が「エンジニアが不足している」と回答しています。また、アメリカでは、2020年にはエンジニアが100万人足りなりくなる(Code.orgのデータ)と言われるほど、人材の需給関係にギャップがあり、深刻な人材不足となっています。

TechAcademyでは、新しいプログラミング学習スタイルの提供を通じて、プログラミング教育の機会を広げ、企業が抱えるエンジニア不足の課題を解消してまいります。

TechAcademy(テックアカデミー)現役エンジニアのサポートを受けながら学べるオンライン学習サービスを開始 〜エンジニア人材の需給ギャップの解消を目指す〜

Original?awsaccesskeyid=akiajp465vjmp4hau5yq&expires=1519350422&signature=keqhhqdj1t%2f30ssvqjastlnbemk%3d