ニュース

2020年6月22日
キラメックス株式会社

6月13日に父の日のオンラインイベントを開催しました

当社では2020年6月13日にTechAcademyジュニア主催で、全国の子ども達を対象にした父の日に向けたオンラインイベントを実施しました。

新型コロナウイルス感染拡大防止のためイベントの中止、延期が相次ぐ中で「子どもたちが少しでも楽しい思いをしてもらいたい」、「初心者の方にプログラミングを体験してもらうことで、楽しさを知ってもらいたい」という思いから本イベントの開催に至りました。

本イベントでは子ども達がプログラミング言語「Scratch(スクラッチ)※」を使い、保護者の方に向けて日頃の感謝を表現しました。

当日は50名を超える全国の小学3年生から中学生に、自宅のパソコンやタブレット端末からZoomを通じて参加いただきました。講師がScratchの作品紹介や使い方についての解説を終えた後、子ども達が主体となってScratchを使い、アニメーションを作成しました。

親子で参加している方も多く、子どもたちのScratchに対し興味津々な声が聞こえたりと終始和やかな雰囲気の中、イベントが進みました。

参加された保護者の方から、嬉しいお言葉を頂きましたのでご紹介いたします。

〜〜〜〜〜〜〜
・長時間でも好きなことであれば、「ここまで集中できるものなのか」と驚きました。
・Scratchを使って線や図形を回転させ、綺麗な模様を作ることに対し「こんなこともできるんだ!」と感動していました。
・子供どもが作ったオリジナルのアニメーションに対して、主人も喜んでいました。
(一部抜粋)
〜〜〜〜〜〜〜

近頃オンライン学習の普及が進んだり、自分の作品を全国の人にも共有できることから、オンラインの良さが再認識され始めています。

当社では今回のイベントにとどまらず、今後も子ども達の自己実現につながる場を提供してまいります。

※ プログラミング言語「Scratch」について
「Scratch」とはマサチューセッツ工科大学MITメディアラボのライフロング・キンダーガーテン・グループが設計、開発、維持をおこなっているプログラミング学習ソフトです。Scratchはビジュアルプログラミング言語と呼ばれるプログラミング言語の1つで、難しいプログラミング言語・正しい構文の書き方を覚えていなくても、簡単にプログラムを開発できるプログラミング学習用ソフトです。子どもたちがゲームやアニメーション、アートをプログラミングしていくことで創造を楽しめるツールとなっており、ただ楽しむだけではなく、プログラミングの本質である「系統立てて、論理的に考える力」 が自然と身につくように設計されています。

Original?awsaccesskeyid=akiajp465vjmp4hau5yq&expires=1593721089&signature=6e6rwcjpkflbb6npabkwnfuml8a%3d