ニュース

2016年8月1日
キラメックス株式会社

総務省から公募された「若年層に対するプログラミング教育の普及推進」事業にキラメックスが参加します

一般社団法人みんなのコード(東京都渋谷区、代表理事:利根川裕太 以下、みんなのコード)、石川県加賀市(市長:宮元陸 以下、加賀市)、石川県加賀市教育委員会(教育長:山下 修平 以下、市教育委員会)、キラメックス株式会社(東京都渋谷区、代表取締役:村田雅行 以下、キラメックス)は、この度、総務省より公募のありました、「若年層に対するプログラミング教育の普及推進」事業に対して取り組みの提案を行い、平成28年7月19日に本提案が選定されましたので、平成28年8月1日より提案内容の取り組みを開始します。

■実証事業実施計画
いわゆる第四次産業革命と言われる、人工知能、IoT、先端ロボット技術等の発達に伴い、我が国においても20年後には現在の49%の仕事が置き換えられると見込まれております。その時代を生きる子どもたちにはコンピューターを科学的に理解し駆使する力が必要とされています。そのため、我が国の小学校においてもプログラミング教育必修化が決定し、文部科学省より平成32年(2020年)からの実施が発表されました。

プログラミング教育については、都市部では塾等の民間企業や先進的な学校での取り組みが年々活発化してきていますが、地方における学校での取り組み事例はまだ少なく、総務省より地方への指導者育成を目標とする本実証事業を本年度より開始することになりました。みんなのコードの掲げる"公教育でのプログラミング必修化の推進"というミッション、加賀市・市教育委員会の掲げる”新しい時代を生き抜く力を育む学校教育の実現”という目標、キラメックスの掲げる"プログラミング教育を通じて世界を豊かに"というミッションの下、共同にて提案をしましたところ選定され、8月1日より事業への取り組みを開始いたします。

取り組みにおいては、加賀市内の教員(希望者)、地域おこし協力隊(IT関連企業OB等)、キラメックスの運営するTechAcademyの指導者・修了者を対象に、みんなのコードが指導者研修を実施した後に、子どもたちへのプログラミング講座を実施します。

実施にあたっては、加賀市内の全小学校の教員・児童が参加可能となるよう、中学校学区を基本に5校を選定(片山津中校区と橋立中校区は併せて1校)し、指導者研修会とプログラミング講座を実施します。

■一般社団法人みんなのコード とは
一般社団法人みんなのコードは、「公教育でのプログラミング必修化を推進する」とのミッションの下2015年に発足し、「政策提言」、「教育機関に対する支援」、「プログラミング教育の普及啓蒙活動」の3つの活動を実施しております。
代表者:代表理事 利根川 裕太
所在地:〒150-0043 東京都渋谷区道玄坂2-15-1-722
設立:2015年7月15日
サイトURL:http://code.or.jp/

■キラメックス株式会社会社概要
TechAcademyの運営会社
会社名:キラメックス株式会社
代表者:代表取締役社長 村田 雅行
所在地:〒150-0002 東京都渋谷区渋谷1-2-5 MFPR渋谷ビル9F
設立:2009年2月2日
サイトURL:https://www.kiramex.com/

若年層に対するプログラミング教育の普及推進(総務省Webページ)

Original?awsaccesskeyid=akiajp465vjmp4hau5yq&expires=1548321013&signature=k1h2mb6n%2fdy2okz7wo6y%2f6ah6rg%3d